小さなお店はホームページ制作会社にHP作成依頼しない方がいい理由3つ

僕は10年以上ウェブ屋をやっててゴリゴリの『ホームページ制作業者サイド』の人間です。僕自身もかつては「ホームページ制作 大阪」なんてキーワードで上位表示させて問い合わせをもらったりしてました。

そんな僕ですが、

「小さなお店(個人に商品やサービスを提供するお店)にとって、必ずしも業者によるホームページ作成は必要ない」

と思っています。

格安ホームページ作成なんて言っても結構お金かかりますし。そんなところにお金使うより、ブログを活用し、ブログやSNSの勉強にお金を使い自分で運用するべき。

僕自身、ウェブ制作の世界に入る前、いくつかの小さなお店で接客業などしてきましたし、実家は自営業でした。だから余計に思うんです、業者のホームページ制作って小さい店にとってはコスパ悪すぎる!と。

 

小さなお店がホームページ制作会社に数十万、数百万払ってウェブサイト作成してもらう必要、ありません

僕のナリワイであるホームページ制作、特に小規模なホームページ制作は不要と言うのは、自分自身を否定するようなものです。でも、ここ数年ずっと見てて、やっぱ要らないよな〜と思う場面が多いんですよね。

補足説明
※ココで言う小規模ホームページとは5ページ〜10ページ程度のお店紹介的な内容のモノ
※小さなお店や会社=1人2人でやってる飲食店や美容室、整骨院や小売店などのBtoCビジネス
※BtoBビジネスの会社は絶対ちゃんとしたホームページを作るべきです

ホームページの目的っていくつかありますが、大きく分けると集客とブランディング(差別化や信頼性の向上)です。

小さなお店の場合、ブランディングも重要ですが集客もかなり重要です。そんなとき業者に頼んで数十万、時には数百万円かけてホームページ制作するのはオススメしません。

 

小さなお店がホームページ制作を業者に依頼しない方がいい理由3つ

小さなお店が業者に頼んで大金払ってホームページ制作をしないほうがいい、そう思う理由は3つあります。

 

ホームページ制作をオススメしない理由(1) 圧倒的にコスパが悪い

ホームページ制作っていくらくらいかかるかご存知でしょうか?

値段はピンキリではありますが、相場観として会社案内的な小規模サイトは30万円〜。ですが、中には「ホームページ作成、初期費用無料!!」を大きくアピールし、月額3万円を3年解約できない=総額100万円超え、という契約もザラにあります。(ちゃんと更新やサポートしてくれるならいいんですが、たいていは放置されます…)

僕自身、小さな小売店やサービス業で働いた経験もあるのではっきり言いますが、コスパが悪すぎます。1ヶ月の売上が100万円にも満たない個人商店がホームページ制作に何十万も掛けるのはナンセンスです。

 

ホームページ制作をオススメしない理由(2) デザインがイイ!だけでブランディングできる時代じゃない

「カッコいいデザインのホームページを作って差別化し、お店の良さをアピールしましょう!ブランディングになりますよ!」

そんなウリ文句で電話を掛けてくるホームページ制作会社があります。確かにダサいよりはカッコいい方がいいでしょう。というか、ダサくなければいい、くらいで十分です。

ブランディング=見た目がいい、ってことじゃないんですよね。デザインも要素の一部ですが、ホームページのデザインがいい=差別化という時代はとっくに終わってます。そんなことに数十万円かけるのはナンセンス。

むしろ、個人の人柄が出てる方が信頼感や差別化に繋がるくらいです。

 

ホームページ制作をオススメしない理由(3) 集客力がぜんぜん無い

コスパが悪い、に繋がる部分ではあるんですが、10ページに満たない、全然更新されないホームページには集客効果がほとんどありません。会社案内やメニュー一覧だけで上位表示されることはマレです。

業者が作ってくれるホームページは更新機能付きのものも多いです。それはなぜか?更新しないと検索エンジンにひっかからないし、ぜんぜん集客力がないからです。

つまり、ご自身で更新していかないと効果が出ないということ。

 

自分で更新できる独自ドメインブログを持てば集客にもブランディングにもなる

「じゃあ小さいお店はどうすればいいのよ?」

ってことなんですが、答えはカンタン。独自ドメインのブログをご自身で運用すればいいんです。

アメブロなどの無料ブログはあくまでブログなので情報が整理しにくいですが、WordPress(ワードプレス)などのブログシステムを活用すれば、わりとさくっと作れます。デザイン面も、今ではカンタンにスマホ対応したシンプルでキレイなサイトが作れます。

 

小さなお店のホームページに必要な情報って?

小さいお店のホームページに必要な情報って

  1. お店や店長の紹介(コンセプト)
  2. メニュー情報(料金案内)
  3. 店舗情報(アクセスマップ)

極論で言えば(一例ですが)この3つくらい。

あとはブログ機能で常に最新の入荷情報やサービス情報を更新すればOK。SNSも組み合わせて活用できれば鬼に金棒、炊きたてご飯に生卵です。

 

ブログを更新すればアクセスが増える=集客力アップ

どうでもいい日記を書いてたら意味がないですが、商品やサービスに関するブログ記事をアップすることで検索エンジン対策(SEO)にもなり、集客力に繋がります。

 

ブログを更新すれば専門性が増す=ブランディング

商品やサービスに関するうんちくや専門的な内容をわかりやすく解説できれば、徐々に【専門家】と認識してもらうことができます。そうすると、結果的に差別化や信頼性の向上に繋がり、ブランディングにつながります。

 

まとめ

これまでのように「ホームページ+おまけにブログ」ではなく、ブログを主体に構築することで仕事に繋がる武器にできます。もちろん、そのためにはブログの書き方や使い方の勉強、日々の更新など時間のかかる作業は必要になってきます。

これまでホームページ制作業者に丸投げして数十万払っていたお金を、ブログの構築や勉強に使うことで、非常にコスパの高い自己投資になるんじゃないでしょうか?

僕自身、小さなお店のためのブログ立ち上げや運用サポートなどをお願いされることが増え、とても実感しています。いわゆる『コンテンツマーケティング』と言われる手法は小さいお店にこそ有効なんです。

 

★小さいお店や自営業のためのブログ術やコンテンツマーケティングについては今後深掘りしていきます

この記事が気に入ったらフォローしよう