書いてる人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール

クソ値切ってくる人の仕事うけたらロクな事無い上に元✕✕者だった話。

follow us in feedly
スポンサーリンク
どうも、ブランケットの<自営業・フリーランス研究家>花ちゃん(@hanaya111)です。今日は独立当初に遭遇した依頼人の話。

2011年に独立した当初、僕は自分の仕事用ホームページを立ち上げ「ウェブ制作しますよ〜」とネットで集客をしてました。すると一件の電話…

『ホームページ制作をお願いしたいんやけど、今回はさ、お試しというか、小さくお願いして、いい仕事してくれたらすごく大きな仕事頼むから!せやから安くしてや!!

という、いきなりの強引な値切り&ゴリ押し。というかゴリラみたいな見た目で高圧的な人でした。飲食関連のゴリ男さん(仮名)としましょう。

 

仕事がない時期だった焦りから無理に受注したものの…

当時はあまり仕事もなく結構悩ましい時期で「とにかく仕事しなければ」と、無理して受注。ゴリ押しに負けてしまい、恥ずかしながら相場の1/3以下の価格で受注してしまいました…

今考えたらあり得ないくらい安かった上に、

「追加であれもして/これもして/無料でして/今度大きいの頼むから。てかもっと早く納品してや!!!!!

と言われつい無料で、しかも夜も寝ずに高速対応してました。実に情けない。今振り返っても非常に悪い選択・決断の連続でした。

 

無事納品。それから1ヶ月後…

そんなこんなで僕は信じられないほど安い金額で、しかも信じられないほど短納期で収めました。継続に繋がるならばと、もらった金額の4倍くらいはいい仕事した自信があります。(もらった金額が少なすぎた…)

ゴリ男
ありがとう!すごくいいよ!今度大きな仕事回すから待っててね!

とありがたいお言葉。大きな仕事がもらえるなら、今回の無理くり対応も報われる…

そんなことを考えていると、1ヶ月後にゴリ男さんから電話。

 

継続依頼の衝撃的な内容

「お、マジで大きいのくれるのかな?」と思い電話にでると

ゴリ男
こないだうちでやってくれたのと同じようなやつ、知り合い紹介するから作ってくれない?こないだよりもさらに1万円安くで。詳しくは話すからすぐ来てくれる?

と、でかい声でダ〜っと言われ呆然。さらに1万円安くって…どういうことやねん!!!!!!!

と言えないヘタレな僕、事務所も近いし飼い犬のごとくヘコヘコと行ってみました。詳しく聞くと、なんと

ゴリ男
紹介料として俺が1万円抜くからさ、悪いけど1万円まけてよ。打ち合わせも俺が代わりにするし

と、なかなか衝撃的な内容。

 

ゴリ男が仲介手数料を儲けようとしてるやん

詳細を聞くと知人に僕が作ったサイトの制作費用を聞かれ、値段を教えると

ゴリ友
めっちゃ安い!うちもそいつ(←僕のこと)紹介して!
ゴリ男
ほんなら俺が制作の窓口なってあいつ(←僕のこと)とやりとりするから、お金の支払いも俺を通てやる形な。

なんとゴリ男さん、ディレクターみたいな立ち位置になってる!

つまり、ゴリ友と僕は合わないまま制作をするという下請けみたいなスタイル

こういう流れ
  1. 僕がゴリ男に値切られ5万円でホームページ制作
  2. 「そのホームページいくらで作ったん?」とゴリ友に値段を聞かれゴリ男が「5万円で作れるで」と回答
  3. (ゴリ男が)5万円を受け取り、制作内容を聞き僕に伝達
  4. ゴリ男が1万円抜いて僕に4万円を支払う

※値段は仮です(でもほぼこのくらいだった…)

さすがにこれはお断りしました。文句言われたけど、それでも断ったんです、当時の僕なりの英断!

 

「大きな仕事」をエサに値切ってくるような人から大きな仕事は回ってこない

今ならわかりますが、だいたいこういう値切り方をしつこくしてくる人は仕事くれません。笑

本当に継続的に仕事をくれる人は

「これが終わったら他にもお願いすることがあるかも」

くらいにやんわり言いますし、そもそもそういうことをエサに値切ったりしてきません。

多少値切ってくることは別にいいんです、ただゴリ男さんの場合はとにかくしつこくて高圧的。

 

フリーランスとして活動するなら関わらないほうがいいタイプ

ゴリ男さんみたいなタイプの人でも本当に継続的にくれることもあるかもしれませんが、毎回必ず値切られますし値切り方がエグい場合がほとんど。(実際エグかった)

フリーランスとして仕事をしていく場合、値切ったり無理な納期を押し付けてくる相手とは付き合わないほうがいい、と断言できます。

 

それから2年後、突然電話が…

1万円のマージンを取ろうとしてきた件を断って以降、連絡はなくなりました。僕も一緒に仕事したくなかったので記憶から消去。

するとそれから2年くらいたった時、電話がありました。

ゴリ男
ご無沙汰してま〜す。ちょっと1ページ(ランディングページ)作って欲しいんやけど。3,000円くらいで。あ、PCとスマホ両方ね。

(…え????3,000円?!てかそれ2ページじゃね?!)

ゴリ男
いっつも頼んでるとこはそのくらいでしてくれてんねん。けど今体調崩してて対応でけへんねんって。

(あなたのせいで体調くずしたんじゃないの?)

と思いつつ、この頃の僕は強気でした。

すべての下請け仕事をしないと決定し、自社ウェブサイトもほぼ閉じ、信頼できる人としか仕事をしないことにしてたんです。おかげで仕事は少ない状態でしたが、腹はすでにくくってました。

 

思いっきり断った!

そうなんですね〜。すいません。うち今そういう細かい対応やってなくて、ウェブサイトの場合はフルパックのプランしか無いんですよ〜。50万円からなんです。

本当はフルパックでもやってないですし、金額も適当に言っときました。つまり嘘つきました、ごめんねごめんね〜。

 

キレられた!!笑

ゴリ男
は?!めっちゃ高いやん。偉くなったもんやな!!なめてんのか!?もうええわ!!!ガチャッ!!

と、罵声を浴びせられ、無事に縁が切れました。

こんな具合で漫才の締めっぽく「もうええわ!」と終わったんですが、ひとつ後日談があったんです。

 

ゴリ男を詳しく調べてみると…

しばらくして、ふとゴリ男さんとの会話を思い出したんですよ。

ゴリ男
ネットの情報って消せないの?ちょっと色々あってさ、ネット上のっコトで…

と、いつもの高圧的な感じと違いモジモジしゃべってたんです。

それを思い出し、名前で検索してもすぐにはでてくなかったんですが、色々なワードで調べたら出てきました。なんと前科者。笑

詐欺関連の犯罪で10年くらい前に逮捕されてました。つまり元犯罪者だったんです。

ネット好きなので調べるのはクセなんですが、仕事の依頼者が犯罪者かどうかって観点は全然なく、今思えば調査不足でした。

いや〜マジで縁が切れてよかった。

 

値付けは慎重かつ大胆に自信を持って

フリーランスのみなさん、最初のうちは実績もなくてなかなか値段を上げたり出来ず、安くしてしまったりすると思いますが、安すぎるのも考えものです。しっかり自信を持ち、しっかり仕事をし、しっかりお金、もらいましょう。

それと、変な感じ、ヤバい感じがしたら名前などでしっかり調べましょう。笑

スポンサーリンク

この記事を書いた人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール