【利用者の声20人まとめ】転職支援エージェントのメリット・デメリット

スポンサーリンク
どうも、ハナログーッド!の花ちゃん(@hanaya111)です。

フリーランスや自営業という独立の前に、転職という選択もアリだと思うんですよね。そこで以前、転職エージェントやキャリアアドバイザーの利用者にアンケート(利用者の声、レビュー)をとったのでまとめてみます。

自営業・フリーランスになるにあたり社会人経験が必要かどうか、よく話題になります。

僕は「正社員でもバイトでもいいからいろんな業界を見ている方がいいかな」と考えてます。(スキルアップとか社会人としてのマナーとか云々じゃなくて、体験を通した経験値を高め視野を広げるため)

実は今日、「29歳までの転職は賃金上昇。40歳以上は賃金低下」というニュースをみかけまして、転職エージェント利用経験者にアンケートをとったことを思い出したんです。(すっかり忘れてた 笑)

そこで今回は、転職サイト利用者から聞いた「転職エージェントや転職支援、キャリアアドバイザーのメリットとデメリット」をまとめてご紹介します。

 

「40歳以上の労働者、転職による賃金の減少鮮明」というヤフーニュースを発見

こんな記事を見かけたんです。

転職について調べた結果、年齢が40歳以上では、転職による賃金の減少が鮮明となった。
転職前後の賃金変化率について、04~16年にわたって分析した。
一方、29歳以下では、ほぼすべての時期で、賃金が増えていた

40歳以上の労働者、転職による賃金の減少鮮明:読売新聞

ヤフーコメント欄を見ても、40歳過ぎると正社員になること自体難しい、という身も蓋もないご意見もありました。

僕は制作会社で採用担当もしてましたが、正直いって40歳を超えてる人はよほどスキルがない限り、採用は見送ってましたね。

 

29歳以下や第二新卒は転職で賃金上昇!

さて、先ほどのニュースによると「29歳以下の転職者は(調査期間の)ほぼすべての時期で賃金上昇」とのこと。日本には第二新卒なんていうよくわからない制度もありますし、やはり29歳以下という年齢は職場選択および職業選択をやり直す、転職に適した時期と言えそうですね。

ちなみに…、社会に出てから(フリーター期間含め)5回は転職してる僕は転職大賛成派ですっ!

あなたの想定年収をチェックできるサービス
無料であなたの市場価値に見合った想定オファー年収がわかる:MIIDAS

転職エージェントやキャリアアドバイザー利用者にメリット・デメリットについてアンケートを取ったんです

僕は仕事柄、クラウドソーシングを活用することが結構あります。ランサーズやクラウドワークスやその他のサービス。

一時期、クラウドソーシングでアンケートを集めていた時期があったんですね、市場調査のためや仕事で使うために。その時に転職エージェント利用者の声を集めたのをすっかり忘れてまして…(アンケート結果を掲載する案件が流れたため)

その時に集めた声をこの場でまとめてみようと思います!20人分なので長いですが、よかったら参考にしてみてください。

当たり前ですが、これ自作自演で作ったものじゃなく、お金払ってアンケートを募集したものです!笑


【利用者の声】転職エージェント、キャリアアドバイザーを使ってみて感じたメリット・デメリット20人分まとめ

クラウドサービスでの簡易的なアンケートということで、性別と年齢、そしてメリット・デメリットを書いてもらいました。個別のサービス名や転職サイト名などは非公開です。その点もふまえてご覧ください。

=メリット/=デメリット

自分で調べるよりも多くの求人情報を提供してくれる点。 自分の希望とする仕事や会社の雰囲気などに対して、理解が足りないと興味が持てる求人情報の提供が少ない。

ふいふいさん 女性 25〜29歳

履歴書のチェックや面接対策をしてもらえるので自信が持てました。また、あまり知られていない求人情報を教えてくださるので利用していて良かったです。 自分が希望していた業種以外の仕事を勧められるので断りにくいです。また、積極的すぎるアドバイザーがいるので少し困ります。

ヤマブさん 男性 25〜29歳

一般公開されていない求人を紹介してもらえたり、希望条件に沿った求人を定期的に紹介してもらえること、また、自分では見つけられなかったり、応募してみようと思わない求人に応募出来たことが、メリットでした。 紹介求人数が多過ぎて、見るのに時間がかかることと、結論を急がされた事でした。

ラブさん 女性 35〜39歳

自分が希望している以外の職種や部署などの提案もしてくれるので、幅広い求人情報を得ることができる アドバイザーを通してしか求人情報を確認できないので、求人の連絡がないと動きようがない

コココさん 女性 30〜34歳

一般公開されていない優良企業を多数紹介してくれるだけでなく、履歴書や面接対策等を事細かに対応してくれたことです。 エージェントも仕事でやっているということもあり、ノルマを達成するためにとりあえず求人を紹介して受からせようという意図を肌で感じたことです。

DGさん 男性 20〜24歳

通常の求人情報に比べ、質が高い(給与や待遇)求人情報が多く賃金交渉もしてもらえたこと。 自分だけではないため、やりとりが若干面倒

TSさん 男性 35〜39歳

面談があるので希望する求人を紹介してくれるだけではなく、自分では思いつかなかった職種の紹介や採用試験のコツ等をアドバイスしてくれます。
プロの方が相談に乗ってくれるので視野が広がるところがメリットだと思います。
実際にアドバイザーの方と会ってスピーディーに面接まで進んでいくので、転職する覚悟をしっかり持っていないといけません。
サイトのような気軽さがないところがデメリットです。

たかさん 女性 25〜29歳

職務経歴書の書き方やアピールポイントの表現しかた等を客観的に指導してもらい、自分で気が付いていない事が発見できた。 情報の選別が的確なのはいいが、少しでも外れるとチャレンジしなくなってしまって結果が出るまで時間がかかってしまった。

ヨコハさん 男性 45歳以上

初めての転職でしたので、わからないことだらけでした。そこでアドバイザーの方とお話しすることで、自分の考えを整理できたり、知らなかった情報を得ることができたと思います。なにより、職務経歴書や履歴書のフォーマットをいただけたのは、とてもありがたかったです 私は大手のアドバイザーともう一つ中小のアドバイザーを利用したのですが、中小の方が途中で体調を崩された、ということで一週間近く連絡が来ず、登録や紹介がストップしてしまいました。担当の方の良し悪しも重要になり、時には転職活動を左右されてしまうことがあります。

ムツキさん 女性 25〜29歳

直接担当者に会って相談することができるので、説明しづらいような自身のスキルや、求めている企業の条件など、事細かに担当者に伝えることができ、自分にマッチした企業を紹介してもらえることが出来る。 直接出向かなければいけないことや、担当者との密なコミュニケーションを負担に感じることがありました。

チョコミさん 女性 35〜39歳

アドバイザーが自分のことを客観的に見てくれるため、自分では気づかなかった強みに気づくことができ、その強みを活かせる仕事を紹介してもらえた点。 志望企業とのやり取りの全てにおいてアドバイザーを通すため、アドバイザーが志望企業宛の連絡でミスをしても自分にはすぐに分からないという点。
アドバイザーが志望企業に誤った志望職種を伝えていたため、面接を受けに行ったところ志望職種とは異なる職種の面接が設定されており、無駄足になってしまったことがありました。

タラさん 女性 35〜39歳

職務経歴書の添削をして頂いたのが非常に助かりました。また、アドバイザーの人と面談をして今までの経歴の棚卸しができたのも良かったです。 アドバイザーの人との相性次第という点です。
アドバイザーの人との相性が悪ければ、時間を無駄にするだけです。

マルさん 女性 25〜29歳

履歴書の添削をしてもらえたり、志望動機について色々な角度からツッコミを入れてもらえた点 デメリットは特にないが、希望していない仕事やスキル不足なのに紹介するのは要らないと思います。

アルカさん 女性 30〜34歳

面接の前に、求人情報だけでは推し測れない内部の情報を聞き込むことが出来た。また、面接の際にはどのような傾向の質問がされやすいのか、という観点からアドバイス、年収などの待遇面の交渉も引き受けてくれた点。 私の面接結果がアドバイザーの方の営業成績に反映されるので、アドバイザーが私に考える暇もなく『○○社に面接を受けに行きましょう』とかなりしつこく連絡をされた点。

PKMさん 男性 25〜29歳

自分一人では、どうしても唯我独尊の考え方に陥るところをフォローしてくれるところ。 幅広く知っていることはわいこしですが、ともすればそれが一般的な内容のため、特定企業を狙う場合には、もうひとつの感じがしました

みうらーさん 男性 45歳以上

自分では見つけられない企業を紹介してくれるので、選択肢が増えるところがいいと思います。 自分の希望とは違う職種でも、やってみたら合う事もあるからと強めに紹介されるのはちょっと困りました。

アミンさん 女性 45歳以上

今まで自分が出来そうな仕事しか選んで来なかったので、エージェントを利用することによって自分に今何が出来るのか、何が向いているのか、市場価値などを客観的にしることができました 大手だとやはりいい会社は多いですが、面接までも通らないことも多いし、エージェントを通してなので時間がかかってしまうこと。

TAKさん 女性 30〜34歳

仕事内容について、待遇について、割と細かい点まで確認できたこと。 アドバイザーは、情報を教えてくれるが、実際に転職してみると、実態が異なっていることがある。

ぐしけんさん 男性 40〜44歳

日々の業務に追われ、採用試験の日程を調整することに苦労しました。決めたと思えば突発的な業務が入り、再調整となった時も、エージェントの方は求人企業と一生懸命調整してくれました。また、面接対策として、面接の受け答えのアドバイスなどもしていただきました。 特に不満はないのですが、強いて挙げるならば、勤務時間中に転職についての電話が掛かってくることです。取らなければいいのですが、このやり方には疑問を感じました。

サカグさん 男性 30〜34歳

アドバイザーから履歴書や面接などに関してもアドバイスを受けることができました。また、求人情報について詳しい内容や企業の雰囲気までうかがえました。 最初にアドバイザーとの面接を受けなければならないことです。

エミーさん 女性 35〜39歳

※アンケート内容の無断転載一切禁止

あなたの想定年収をチェックできるサービス
無料であなたの市場価値に見合った想定オファー年収がわかる:MIIDAS

【結論】転職エージェントは無料だし積極的に活用するのが吉

20名なのでアンケート結果としては公平性にかけるんですが、それでも全体的なアンケート結果としては

  • アドバイザー制度を使うことで、求人情報からはわからない雰囲気や細かい情報をゲット出来る
  • 賃金面などの話しにくい内容も交渉を手伝ってくれる(代行してくれる)
  • 履歴書や面接に関するアドバイスやツッコミを入れてくれる
  • 強みを引き出してくれる

という感じで、使って損はないという印象。無料ですし、活用することが吉と出るんではないでしょうか?

デメリットに関してはアドバイザーとの相性だったり、コミュニケーションのズレによるミスマッチな案件提案など、人間同士である以上しかたないかなぁという感じですね。

一点、気になったのは規模の小さい転職エージェントを利用したときに担当者が体調を崩して転職活動がストップ、という話。これはちょっとひどいですね〜。やっぱり有名所を活用するべきですかね。

 

おまけ:【登録無料】転職支援エージェントの有名どころや転職による想定年収がわかるサービス紹介

転職エージェントの有名どころと言えばDODAですね

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

登録すると想定オファー年収がわかる!

あなたの本当の価値を見出す転職サービスMIIDAS

こちらも大手!マイナビの20代・第二新卒専門も転職エージェント

第二新卒・20代の転職ならマイナビジョブ20’s

フリーランス専門エージェント

【当サイト申し込み数No1】ミッドワークス

Midworksは、正社員並みの保障つきで収入を最大に、リスクを最小に抑えてエンジニアの独立をサポートするサービスです。

当サイトで紹介後、多くの申込みを頂いているエージェント。正社員並みの保障は見逃せませんよ。

公式サイトを見る

【がっつり稼げる】ITエンジニアの客先常駐型を専門で扱うエージェント

フォスターフリーランスは在宅ではなく、企業に常駐して仕事をする、客先常駐型を専門で扱うエージェント。

公式サイトを見る

【36,700人のエンジニアが選んだ】レバテック

レバテックならあなたのスキルがダイレクトに収入へとつながります

多くのエンジニアに支持される、レバテック。エンジニア系フリーランスの人は登録しておくべき。

公式サイトを見る

【15年以上の信頼と実績】ギークスジョブ

geechs job(ギークス ジョブ)は全てのフリーランスITエンジニアを応援します。

15年以上の実績をほこる老舗的エージェント。

公式サイトを見る
スポンサーリンク

 Kindle本を出版しました!

個人事業主・フリーランスとしての体験談をベースにした、小一時間で読める小さなビジネス書をKindleにて出版しました。(第二弾は物語風の短編)
Amazon読み放題でも読めますので、よかったらご覧ください!