書いてる人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール

フリーランスになるには?サラリーマンの僕が独立前に準備した5つのコト

follow us in feedly
スポンサーリンク
どうも、ブランケットの花ちゃん(@hanaya111)です。

確定申告シーズンも終わりですが、この時期になると「ああ、俺は個人事業主として今回も申告できたんだな、よかった…」と思います。笑

そこで今回はサラリーマンだった僕がフリーランス独立前に準備したことと、その後の感想を書いてみます。

 

元フリーターで学歴も何もない、野良犬サラリーマンデザイナーでした

僕は1983年生まれで、高校を卒業後に山口県から大阪に一人で出てきました。

販売業への就職のためだったんですが、1年でやめまして、23歳まで約5年フリーターでした。その間もいくつかバイトを転職しており、特にスキルはありませんでしたが、昔からネットが好きだったんです。趣味でホームページ作ったり。それがきっかけでウェブ制作という世界に興味をもち、ハッタリかましてWeb制作会社に再就職したのが24歳直前の春。

スキルも何もない、独学のみの野良犬のようなサラリーマンWebデザイナーの誕生です。笑

 

人数の少ないブラック企業のおかげであらゆるコトを短期間に圧縮して経験できた

今から10年ほど前で、当時まだブラック企業って言葉が一般的じゃなかったような気がしますが、僕が就職したところはまさにブラックなところでした。笑

9時過ぎに就業し23時過ぎまで働き、土曜日も休日出勤…みたいな日々でした。もちろんサービス残業。人数も少なかったので制作におけるあらゆる工程を短期間にたくさん経験できたんですね。(デザインやコーディング、撮影や打ち合わせに企画など)

僕はもともとがフリーター上がりだったし、当時は独り身だったから長時間労働なんかどうでもよかったんです。変なプライドなんてありません。そんなことより、とにかく経験を積みたかった。フリーター期間分を取り戻したかったんです。だからこの会社での経験は非常によかったなぁと思うんです。

 

27歳のとき、うっすら独立を視野に入れフリーランスのための準備開始

入社から3年ちょっとたった頃だったと思うんですが、僕はフリーランスとしての独立を考え始めました。両親が自営業だった影響もあり、心のどこかで「いつか独立したいな」といだいていた気持ちが沸騰し始めたんです。笑

とはいえ、僕はせっかちな性格なので何年もかけて準備をするようなタイプじゃありません。記憶ではおよそ半年ほど独立準備に注力しました。

結局28歳(2011年)の秋、僕はフリーのウェブ屋として独立しました。翌月には長男誕生!

 

フリーランス独立前の準備その1:独立している人の話を聞いてみた

独立をするにあたり、僕は会社を作るんじゃなく、フリーランスとして一人で仕事をしようと考えていました。そこで、友達の知人に一人フリーランスとしてWebディレクターをしている人がいたので話を聞いてみることにしたんです。

とても親切な人でいろいろと話しを聞かせてくれたんですが、最終的には

「心配しても意味ないですよ、きっと出来ますって。なんとかなるもんですよ」

という答えに行き着きました。

僕自身、独立してから今までを振り返って思うことは「まあ、なんとかなるさ」ってことです。未来は誰にもわかりませんから、独立後の心配は走りながら考えるしかないですね。

 

独立前に色々心配しすぎても無駄!あんまり聞きすぎないほうがいい

独立前に先輩の話を聞くのは悪くないんですが、1人か2人で十分。あとは勢いで行きましょー!仕事がみつかるか不安な人は事前にエージェント系のサービスに登録しておくといいかも。

仕事の探し方がわからない&フリーランスは案件紹介求人サイト活用せよ

【フリーランスの仕事探し術】フリーランスとして活動を開始したはいいものの、どうやって仕事を探せば良いんだろう&なんて悩んでる人も多いのではないでしょうか? 人脈や実績もない駆け出しフリーランスがどのように仕事を探せば良いのか、フリーランスである僕の経験談もふまえ仕事の探し方を考えていきます。

 

フリーランス独立前の準備その2:屋号を考え集客用ホームページを作った

僕はウェブサイトの制作が本業だったので、空いた時間に集客用ホームページを作りました。屋号を考え、【ホームページ制作 大阪】みたいなキーワードで上位表示を目指してコツコツ作り込み。結果としてわりと上位表示できるようになり、問い合わせもちらほらくるようになったんですが、稼ぎという面ではあんまりいいことはなかったですね。

というのも、インターネットを通じて制作会社を探している人って基本的に「安くてより良いモノ」を比較しながら探してるんですよ。だから相見積もりになるし、安い仕事が多くなりがち。

 

集客用ホームページの反省点

制作会社と競合するような内容の集客用のホームページではなく、作品集的な位置づけで専門家ブログにしとけばよかったなぁと思います。これから独立する人はお金かけて立派なホームページ作るより、WordPress+レンタルサーバーでブログ作ったほうがいいですよ。そこで専門知識や実績を紹介して行くほうが仕事に繋がります。

しかも、専門家として発信すると値切られたりすることもあまりないですし。

僕は独立以来、エックスサーバーというのを使ってますが、無料でドメイン1つもらえるしWordPressのインストールもカンタンだから超オススメ!

 

フリーランス独立前の準備その3:事業用の屋号付き銀行口座を作った

個人的にはUFJを使ってたんですが、個人口座とわけたかったのでジャパンネット銀行のビジネスアカウントを開設しました。(厳密には独立後に口座開設しました)

 

ジャパンネットはスマホからも使いやすくてオススメ

ジャパンネットはネット専門の銀行だからスマホやPCからの振込やその他の操作がすごくしやすいんでかなりオススメです。開設はもちろん無料なので、屋号付き口座を開設したい人は使ってみてはどうでしょう?

ファミマやローソン、セブンイレブン、郵便局のATMで使えますし、引き出しも3万円以上無料だったりして便利。

 

フリーランス独立前の準備その4:クレジットカードを作った

フリーランスになるとクレカの審査に通りにくくなるって聞いていたので、サラリーマンのあいだにまとめて数枚作りました。この判断は大正解。

1枚は事業用、もうひとつはプライベート用、もうひとつは予備、という感じで作成。年会費永年無料の楽天カード(楽天ポイントが貯まる)年会費永年無料のワイジェイカード(Tポイントが貯まる)は無料で持ててポイントもゲットできて便利ですよ。

 

フリーランスは絶対独立前にクレジットカード作るべし!

以前の記事にも書きましたが、クレジットカードを多めに作っておけば万が一の時にぱっとキャッシングできるんで、フリーランスにとっては切り札になりますよ。(使いたくない切り札だけど…)

フリーランス独立前にクレジットカードを作るべき理由とおすすめクレカ2つ

自営業フリーランスまたは起業家として独立したいと考えている人は独立前に(楽天カードやヤフージャパンカードなどの)「年会費永年無料のクレジットカードを複数枚作っておく!!!」べきです。今回は独立・起業前にクレジットカードを複数作るべき理由とオススメクレジットカードをご紹介します。

 

フリーランス独立前の準備その5:会計の勉強をしてみた

僕は数字を扱う仕事についたことはないんですが、制作会社時代の後半は子会社の代表をさせてもらってて、売上や利益計算もしてました。ちょっとわかったような気になって簿記3級を勉強し、受験。みごとに落ちました。笑

簿記3級すらうからなかった僕ですが、あれから7年、確定申告や税金、お金の仕組みを知ることが楽しくて独学中。そして現在はこのブログで会計のことをそれなりに解説できるようになりました。

 

クラウド会計あるから簿記の勉強なんてしなくてOK!

今時はクラウド会計ソフトも発達しまくりだから、簿記の視覚なんかなくても全然問題ありません!独立前にそんなことに時間を割くくらいなら、本業のスキルを磨きましょう。

クラウド会計ソフトはfreeeが超オススメなので、独立後は早めに導入すると楽ですよ。

mac対応!freeeで世界一カンタンに確定申告/個人事業主・フリーランス向け

個人事業主(自営業・フリーランス)の皆さん、確定申告の時期ですね。準備進んでます? 僕は独立して数年Excelを使って記帳しそれを元に書類を作成し&と、何週間も準備に追われてうんざり&。でも今はクラウド会計freeeを活用し、半日ほどで青色確定申告書類を準備出来るようになりました。そんなクラウド会計フリーをご紹介!

 

まとめ

ざっと振り返ってみましたが、今となっては簿記3級の勉強など、無駄なこともありました。まあでも、独立前って不安も多いですからね、いろいろしたくなりますよね。そうやって模索したり試行錯誤すること自体は大切なこと。

あと、結局は技術力や能力が重要になってきますから、細かい部分に気を取られるより、本業のスキル向上に注力するべきですね。

実際にフリーランスとして独立すると、想像してなかったようなトラブルに散々さらされますし、仕事がなさ過ぎて苦しいこともあります。でも一つだけ言えることは、

「独立して本当によかったな」

ということ。死ぬ時に『あのとき独立する決断してよかった』って思える絶対的な自信があります

独立するということはほとんどの行動が自己責任で、良いも悪いもすべて自分に返ってきます。会社組織という大きな船の中で自分の意志とは無関係に進むか、自分なりの小さなボートで漕ぎ出すか。

どっちが良い悪いではないけど、僕は自分のボートで人生という大海を右往左往しながら生きていきたいし、そういう人たちを応援したくてこのブログ書いてます。

 

独立前の人や駆け出しフリーランスにオススメな本のレビュー動画つくりました!

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール