書いてる人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール

【フリーランスの7割は副業系】フリーランス全体の経済規模はついに20兆円を突破!

follow us in feedly
[PR]
どうも、ブランケットの花ちゃん(@hanaya111)です。

ランサーズが毎年おこなっているフリーランス実態調査の最新版が4日、発表されましたね。フリーランス大好きなフリーランサーな僕としては貴重な情報です。

そんなフリーランス実態調査2018のデータから、今回はフリーランスの専業・副業に関する話。

※フリーランス実態調査とは…ランサーズ株式会社が全国の20-69歳男女(3,096人)を対象に「フリーランス実態調査」(2018年版) を実施

 

フリーランス人口は前年から横ばいの1,119万人で労働人口の約17%!

ランサーズが発表したデータによると、フリーランスの人口(専業・副業含む)はおよそ1,119万人で、2017年と比べると横ばい。

前年比では横ばいですが、この2〜3年ほどで200万人も増えてるんですね。

日本の労働人口全体に見るフリーランスの割合は17%となっており、まだ2割に届かないところ。

 

フリーランス市場全体の経済規模は20兆円!

広義のフリーランスの推計経済規模はついに20兆円を突破したそうです。

20兆円超えは初めてとのことで、今後はさらに伸びそうですね。

(ぶっちゃけ、フリーランスを長年してる身からすると平均値にあまり意味はないんですが)フリーランス1人当たりの平均報酬は186万円とのことで、こちらも12%ほど増加。フリーランスに対するお金の流れもましてきてますね。

 

フリーランスを専業でしている人(自営業オーナー)は全体のわずか3割

フリーランスとして独立したい!!という人にはがっかりされるかもしれませんが、副業としてフリーランスをしている人がおよそ7割(1,119万人中744万人)とのことです。

つまり、多くのフリーランサーは会社員(あるいはバイトや主婦)をしながら、スキマ時間でフリーランス活動をしている、ということのようです。

(余計なお世話でしょうけど…)フリーランスとして独立したい!と思ってるあなたが憧れてSNSでフォローしてる”自称フリーランス”はバイト掛け持ちしながらスキマ時間に安いライター活動してるだけ…かもしれません。

 

フリーランスの悩みは収入が安定しない・仕事が見つからない

昨年12月に実施した「フリーランスが抱える悩みランキング」同様、多かった悩みは『収入』『信用力』『スキル』の順となりました。

出典:https://www.lancers.co.jp/news/pr/14679/

ご覧の通り、フリーランスとして継続していくことが難しい、と考えている人も多いんですよね。このあたりは当サイトでも頻繁に取り上げてますので、よかったら以下の記事をご覧ください。

同じように悩んでる場合、少しくらいはヒントになるかもしれません。

 

まとめ

フリーランス人口は順調に増えています。でも多くの人は副業系であり、あくまでプラスアルファの収入を得ている、というような状況ですね。

このまま「個人の時代」というキーワードと共にフリーランスが増える可能性は高いんですが、結局は副業系フリーランスが増えるだろうなと予想しています。

なぜなら、専業フリーランスはリスクがありますし、二の足を踏む人が多数ですし、正社員信仰(幻想)のようなものもあります。それに、企業側も副業解禁を進めていますよね。(その実、「会社じゃこれ以上賃金アップ無理だから副業で稼いでね」って意味。今後ますます個人の負担は増える一方でしょうね…)

 

サラリーマンの「副業に対する考え方」の提案

僕は2011年より専業フリーランスをしていますが、サラリーマンが悪いとも思いません。ただ、サラリーマン経験もあるので「会社におんぶに抱っこですがってたらカンタンに捨てられますよ」とは思ってます。

だから、サラリーマンという安定した土台を大切にしつつ、副業は全く違うカテゴリー・スキルだったりNPO活動などに振るべきです。そうすれば会社とは違うスキルや人脈ができ、もしリストラされたってどうにかなるもんですよ。

最悪なのは、本業でウェブデザイナーをしながらクラウドソーシングで安いバナー制作とかですね。本業と同レベル以下の作業・スキルを使って本業より安い金額でクラウドで受けて稼ぐってマジで無駄ですからやめましょう。(自戒をこめて…)

 

▼フリーランスに興味のある人や駆け出しフリーランサーさん、オススメですよコレ

[PR]

この記事を書いた人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール