案件の質は探し方次第?フリーランスの仕事の探し方、王道3つを考える

スポンサーリンク
どうも、ハナログーッド!の花ちゃん(@hanaya111)です。

フリーランスとして活動していく上でもっとも大切なこと、それはいい仕事を探し出し(出会い)収入を絶やさないことですね。家族を大切にするとか自分の時間を楽しむとか、そういう『自由』を手に入れるためにもまずはしっかり稼ぎ収入を安定させることが大切です。

今回はフリーランスの仕事の探し方の王道3つについて書いてみます。

 

フリーランスの仕事の質は探し方で変わってくる?

2011年にフリーランスとして独立し、ウェブデザインやサイト運営サポートなどをナリワイとして活動しています。そんな中で様々な形で仕事を頂くことがありました。

振り返ってみると案件のもらい方や探し方でずいぶん「仕事の質」が違ったように思います。世の中には「絶対成功するという方法はないけど、確実に失敗する方法はある」なんて言いますよね。

この方法なら確実にいい案件と出会える、とは言えませんが、この方法だとヤバい案件に出会いやすいってのはわかるようになってきたように思います。笑

ざっくり言うと

※良い案件とは…人間関係も良く、稼ぎ(金払い)も良いこと

※ヤバい案件とは…上から目線や高圧的な態度、無理難題を言うくせに金をケチるetc…

そのあたりも踏まえ、フリーランスの仕事の探し方の王道3つを解説していきます。

 

フリーランスの案件獲得術、王道3つはコレ!

まず、以下のデータをご覧ください。

ランサーズがおこなっている調査なんですが、3,000人以上のサンプル数なので確度の高いデータと言えます。紹介が圧倒的に多いわけですが、大まかに3つに分けると以下の通りになります。

  1. 友人知人、過去クライアントの紹介(あるいはリピート)
  2. 自らの営業やウェブ集客
  3. ネットサービスの利用(クラウドソーシングや紹介エージェント)

 

友人知人、過去クライアントの紹介(あるいはリピート)

良い案件度数…★★★★☆

周りの知り合いから仕事を紹介してもらう、というフリーランスの仕事の探し方・獲得方法は定番ですね。これ、良い案件度数は高めです。なぜなら、共通の知人だったり、すでに知り合ったクライアントからの依頼なのでゴネるような人や高圧的な人が出てくる可能性は低い。

ただし、稼ぎが悪い場合が結構あります。それは

友達価格

という、謎な要求をされる場合があるから。特に独立間もないころはこの友達価格に負けます。というのも、自分に実績がないから

「ん〜。わかりました。では友達価格で…」

と、安請け合いしてしまいがち。

僕も多々経験ありますが、その中で学んだことは友達価格(値下げやおまけ)を何度も要求する人はいつまでも安い仕事しかくれない、ということ。中には「最初はお試しだけど、次は大きいの頼むから」と言って本当に大きな仕事をくれる人もいますが、そういう人はそもそも友達価格とかを何度も言ってきません。

ですので、しつこく値切ってくる人とは初期の実績積み上げ期間のみお付き合いし、少しずつ距離を置くべきです。

 

自らの営業やウェブ集客

良い案件度数…★★★☆☆

ホームページだけでなくブログやSNSなど、営業の手法や間口もずいぶん広くなりましたね。ですが、これが要注意。

ネットから問い合わせてくる人は大半が一見さんです。一見さんのトラブルっていうのは本当に多く、納品したのにお金を払わない、とつぜん逆ギレでゴネ始める、何回も何回も修正を依頼してくるくせにその費用は払わない…なんてことがよくあります。

僕も数回経験がありますが、納品後にゴネ始め踏み倒されたり、「訴えるぞ」と突然脅迫めいたメールを送ってきて、結構な返金を要求されるようなこともありました。ウェブ集客は集めやすい反面、フィルタリングが難しいので慎重に選別しましょう。

ちなみに、良いお客さんに当たると金払いもよく稼げますポイントはイニシアチブ(主導権)を自分が握ることです。

 

ネットサービスの利用(クラウドソーシング)

良い案件度数…★★☆☆☆

申し訳ないんですが、僕的にはクラウドソーシングが一番評価が低いです。まず単価があまりに安いですね。そしてクライアントも雑な感じのところが多いです。

ライター仕事などはとくに顕著で、コピペを推奨するようなクライアントや納期・単価がむちゃくちゃなところもあります。(小遣い稼ぎの人を募集してる案件も多い)

案件を慎重に選ばないと「貧乏暇なし」になりかねません。

なお、以前書きましたが、クラウドソーシングでもしっかり実績を作れれば指名取引が増え、普通に稼げます。

ランサーズのように単価が上がってきている(いいクライアントが増えている)サービスもあるようなので、経験値の少ない人は半年くらいがむしゃらに積み上げるといいかも。

キ、キターー(・∀・)ーー!!フリーランスへの依頼総額2000億円突破!指名取引で報酬1.6倍/ランサーズ

 

番外編:フリーランス専用!仕事紹介系エージェント

良い案件度数…★★★★☆

最近評判が良いのがフリーランス用のエージェント系サービスです。転職をするときにマイナビなんかの転職エージェントがありますが、あれのフリーランス版です。ようするに、エージェントが間に入ってくれて仕事を紹介してくれたり、アドバイスをしてくれるというもの。

「正社員並みの保障付き」がウリのMIDWORKSは、エンジニア系だけでなく、デザイナー案件もあり、最近人気が出てきています。

また、電車内広告でも目にするエージェントサービス老舗のギークスジョブは案件が豊富。営業代行サービスとして15年以上の実績はさすが

どこに登録していいかわからないって人は上記2つに登録してみるのをおすすめします。どっちも無料で使えますし。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

それぞれの仕事獲得方法に関する話はあくまで個人的な経験や知人から聞いた話ですが、参考にして頂ければと思います。

 

▼この本、オススメですよ

フリーランス専門エージェント

【当サイト申し込み数No1】ミッドワークス

Midworksは、正社員並みの保障つきで収入を最大に、リスクを最小に抑えてエンジニアの独立をサポートするサービスです。

当サイトで紹介後、多くの申込みを頂いているエージェント。正社員並みの保障は見逃せませんよ。

公式サイトを見る

【がっつり稼げる】ITエンジニアの客先常駐型を専門で扱うエージェント

フォスターフリーランスは在宅ではなく、企業に常駐して仕事をする、客先常駐型を専門で扱うエージェント。

公式サイトを見る

【36,700人のエンジニアが選んだ】レバテック

レバテックならあなたのスキルがダイレクトに収入へとつながります

多くのエンジニアに支持される、レバテック。エンジニア系フリーランスの人は登録しておくべき。

公式サイトを見る

【15年以上の信頼と実績】ギークスジョブ

geechs job(ギークス ジョブ)は全てのフリーランスITエンジニアを応援します。

15年以上の実績をほこる老舗的エージェント。

公式サイトを見る
スポンサーリンク

 Kindle本を出版しました!

個人事業主・フリーランスとしての体験談をベースにした、小一時間で読める小さなビジネス書をKindleにて出版しました。(第二弾は物語風の短編)
Amazon読み放題でも読めますので、よかったらご覧ください!