書いてる人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール

フリーランスになるか迷ってる「あなた」は絶対に独立しちゃダメ!!その理由は……

follow us in feedly
[PR]
どうも、ブランケットの花ちゃん(@hanaya111)です。

「フリーランスに興味がある。けどやっていけるか不安。どうしよう…」と迷っていて、Googleで

フリーランス 不安」「フリーランス 迷ってる」「フリーランス 向いてない人

とか検索してるあなた、そこのあなたは【まだ】フリーランスにならないほうがいいですよ。

 

「フリーランスとしてやっていけるか不安…」という迷いがあるうちは独立するな

フリーランスという生き方が注目されるようになり、どのくらいでしょうか。個人的な印象としては、やはり2011年3月11日の東日本大震災が転機だったように思います。

「いつどんなことが起こるかわからない世の中だから、自分の好きなことや興味のあることをしよう、自由に生きよう」

そういう感情もあり、フリーランスという【自由そうな】ワークスタイルに注目が集まったような感じがします。(SNSの発展でフリーランスっぽい人たちがやたら自慢してるってのもありますね 笑)

でも、あなたがもしフリーランスという働き方・生き方に憧れつつ迷っている場合、はっきり「独立しないほうがいいよ」って言います。

特に20代後半〜の人は慎重に考えるべき

 

フリーランスは憧れてなるようなものではない

フリーランスという生き方に対し、

「自由に働いて、しかもサラリーマンより稼げる!」

みたいな印象を持ってる人がわりと多いようですね。でもそれは幻想です。フリーランスは働き方のスタイルの一つです。サラリーマンに比べ素晴らしい部分はもちろんありますが、そうでない部分もあります。でも現状が苦しい人は隣の芝が青く見えるもので

「フリーランスになれば今の苦痛をすべて脱却し、解決する」

と思いがち。そういう憧れを抱いた状態で独立すれば、かなりの高確率で廃業に追い込まれます。そして

「サラリーマンに戻れれば(フリーランスの)苦痛を脱却し、解決するはず」

と言い出します。

 

憧れること自体は自由ですが、「**さえ出来れば」「**さえ有れば」という、外に原因を求めるようなモノの考え方はたいてい失敗します。

まずは立ち止まり、内面を見直しましょう。

 

フリーランスはあなたの予想通り、不安定

アフィリエイトで100万円稼ぎましょう!ブロガーになって文章書いて稼ぎましょう!フリーランスは自由だ!!

みたいな雰囲気のセミナーやサロンって多いんですが、あれはほぼ運営側が儲かるだけで、参加したってどうにもなりません。だって、フリーランスって完全実力主義の世界ですから。セミナーに参加したくらいでみんな稼げたら、日本の生産性が先進国で最下位になんてなりません。

 

実力主義、っていうのは専門職としての技術レベルだけの話ではありません。人たらし術、コミュニケーション力、営業力、提案力、判断力 etc…

つまり、仕事を獲得しリピートしてもらうための商売人としての実力が問われます。商売というのは自分の実力だけじゃなく様々な要因や運が絡んできますから、あなたが思っている通り、フリーランスは超不安定な働き方です。

 

 

収入面についてのリアルは以下の記事をどうぞ

40.1%のフリーランスは年収が200万円未満?!6割は「将来の生活が不安」

 

「やらない後悔よりやって後悔」と言うけれど…

すでにフリーランスになっている人と喋ってるとかなり高い確率で

「やらずに後悔するより、やって失敗して後悔するほうがいい」

と言います。これ、僕もそう思っています。ただ、これは自発的に出てくる思考でないとだめなんですよね。

他人の言葉に感化され

「(本当はめっちゃ迷ってるけど…)やらない後悔よりやって後悔、やらない後悔よりやって後悔、やらない後悔よりやって後悔…」

っていう人は失敗すると後悔しめっちゃ凹み、立ち直れません。最悪なパターンだと

「Aさん、あなたが「やらない後悔よりやって後悔」って言うからやったら大失敗した。責任取れ!!」

なんて思考になります。失敗は成功のもとですが、本心から

「やらずに後悔するより、やって失敗して後悔するほうがいい」

と思えるようになるまでは、会社をやめたりしないほうがいいですよ。そして、普段からそう思えるようなマインドにならないとフリーランスはキツイです。

 

 

フリーランスからサラリーマンに戻るのは、だいぶ苦しい

日本社会は一度会社員のレールから外れた人が再び「そっち側」に戻る、つまり再就職すると高確率で独立前より待遇が悪くなります。(フリーランスとして実力を発揮したうえでヘッドハントされる場合などは別)

フリーランスとして成果をまともに出せないまま数年が過ぎ、なんとか再就職した人が数人いますが、全く別な業種だったり、契約社員にしかなれない、という状況。

中には【年収600万くらいのサラリーマン→フリーランス2年で廃業→35歳でコンビニとガソリンスタンドでバイト】というルートをたどってる人もいます。

今現在サラリーマンをしていて、フリーランスになるか迷ってる人はこのあたりも現実的に視野にいれるべきでしょう。

 

では、フリーランスになるべきときはいつか?

京セラの創業者 稲盛和夫氏の言葉に

「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」

というものがあります。

新しいことを成し遂げるには、まず「こうありたい」という夢と希望をもって、超楽観的に目標を設定することが何よりも大切です。

しかし、計画の段階では、「何としてもやり遂げなければならない」という強い意志をもって悲観的に構想を見つめなおし、起こりうるすべての問題を想定して対応策を慎重に考え尽くさなければなりません。

そうして実行段階においては、「必ずできる」という自信をもって、楽観的に明るく堂々と実行していくのです。

出典:https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/philosophy24.html

フリーランスとして独立するべき時とは、

  • 悲観的な計画を飲み込めた時

だと思っています。

 

なりたい自分を楽観的に想像し、そのうえで様々なリスクや反対意見を素直な姿勢で受け止め、それでも「やってやる!!」と思えたとき、独立すればいいんです。

 

サラリーマンをしながら副業としてフリーランス的な活動をすればいい

ここまで読んでくれてる人っておそらく慎重派だと思います。(大胆なタイプはそもそも独立について深く悩まない)

慎重派は独立しないほうがいい、とは思いません。

たしかに、フリーランスっていうのはフットワークの軽さや大胆さが強みにもなりますが、慎重派な性格が武器になることもたくさんあります。特に、クライアントから仕事を請け負ったり、コンサルティング的な形で活動するフリーランスの場合、大胆さよりも正確さ・慎重さ・真面目さが喜ばれます

そういう人はサラリーマンなど安定した収入があるうちに、クラウドソーシングやエージェントサービスを利用し副業として、フリーランス的な活動を疑似体験すればいいんじゃないでしょうか?

 

ウェブエンジニアやデザイナー系の人にはMIDWORKSが人気あり。

 

利用者の声

出典:公式サイト

 

まず登録して相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

さいごに

フリーランスになることを迷ってる人は、まだ悲観的な面を飲み込めていない可能性が高いです。

独立するなら少しでも早いほうがいいような気がするかもしれませんが、そんなことはありません。先ほども書いたとおり、サラリーマンをしながらフリーランス的な活動をすることは出来ますから、まずは小さな一歩を踏み出すだけでもいいと思います。

▼オススメの本(僕も独立前に読みました)

 

20代前半くらいならまだしも、30代に入ったらあまり若さを武器にもできません。ですから、少し独立が遅くなろうとも地盤を固めたり、副業などを通してスキルや人脈を育ててはいかがでしょうか?

※稼げてもないうちから「ブロガーとして独立するぞ!」とかいうのはマジでやめたほうがいいですよ。稼ぐ系ブログこそ、まず副業として取り組みましょう

 

あ、迷ってもないような人はそもそもこんな記事を読みに来ないと思うので、勢い任せに独立しましょう 笑

 

ちなみに僕は、ちょっと悩んだんですが勢いあまってすぐに独立しました。笑

その結果、最初かなり苦労しました…。

フリーランスwebデザイナーになり1年目、独立を後悔した話

[PR]

この記事を書いた人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール