書いてる人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール

【会社は学校じゃ】Webデザイナーの求人はなぜ未経験者不可なのか?面接担当が解説します【ねえんだよ!】

follow us in feedly
スポンサーリンク

WEBデザイナーになりたくて求人みてるけど、未経験者は不可って多いな…。でも、なんで制作会社って経験者しかダメって言うんだろう?

WEBデザイナーになりたい!という人は非常に多いです。デザイナーって響きがなんだかオシャレだからですかね?フリーランスのWebデザイナーを目指す人も、まずは制作会社に就職しようって考えてる人が多いハズ。

そんなWEBデザイナーの求人情報をみると「経験者のみ可」とか「専門学校やスクール卒業者は未経験でもOK」とかありますね。ようするに「ド素人は来るなよ」って言ってるわけですが、なぜだかわかりますか?

僕は制作会社に就職してころ、途中から代表取締役になり面接担当や人材育成も担当しました。そんな僕の経験を通して経営者側の本音を解説します

 

結論:会社は学校じゃねえんだよ!ってことです

WEBデザイナーになりたいと思ったら、多くの人はウェブ制作会社を目指すかと思います。あとはアプリ制作会社やウェブメディア運営の会社も多いですね。

そういう求人を見ると、業界経験があるか、もしくは専門学校などで技術習得してる人しか入れないようなことが書いてます。つまり、未経験者は不可、という条件。

「未経験不可っていうけど、最初はみんな未経験じゃないか!!」

って思いませんか?確かにそのとおり。でも、ウェブデザインに関して言えばスクールや独学などを通して「業界は未経験だけど技術的には経験者と同等」って人は多くいます。ようするに

「ウェブ制作の技術は独学でも学べる。それをせずに『働きながら勉強します』とかなめたこと言うなよ。会社は学校じゃねえんだよ!!」

ってことなんです。

 

求人に書いてる「WEBデザイナー未経験は不可」に対する会社側の本音とは?

ちなみに僕は業界未経験から制作会社に潜り込み、気がつくと子会社で代表取締役社長をしてました。ですから、

  • 新人(ペーペーデザイナー)
  • 中間管理職(チームリーダー)
  • 人材育成および組織づくり(代表)

という、各フェーズを経験したことがあります。その中で求人を出す側、面接をする側になり、かなりの数の人と面接をしました。

企業側(求人側)が「WEBデザイナー未経験は不可」と書く理由はなぜだかわかりますか?大きくわけて、以下の3つが企業側の本音。

僕は業界自体は未経験でしたが、学生時代から趣味でホームページを作っていたので採用してもらえました(面接では大口叩いてハッタリかましましたw)

 

WEBデザイナー未経験は不可の理由(1) 育成コストが掛かりすぎる

当たり前ですが、会社は学校ではありません。人材育成はしますが、学校のように経験ゼロ・スキルゼロの人間を手取り足取り教える場所ではありません。ましてや雇用して給料を払いながら素人を育てようなんて思いません。

さらに、人材を育てる場合、育てる役の人がいりますよね。つまり、育て役の人は仕事の効率が落ちるわけです。そうなってくると会社全体での生産性が低下します。

そして、未経験者であっても雇用する以上は給料が発生します。社員登用する場合、保険のたぐいも馬鹿になりません。そうなると、会社のコストが上昇します。

つまり、全くの素人を雇ってしまうと

  • 会社全体の生産性がダウン
  • 人件費コストがアップ

ということになります。もっと言えば新人のためのPCや電気代、机分の空間コストだって増すわけです。

例えば中華料理屋さんの場合

料理人を募集してるとして、包丁も握ったことないような人をわざわざ雇いませんよね。

 

WEBデザイナー未経験は不可の理由(2)即戦力がほしい

求人を募集する理由は

  1. 現状の人手不足解消のため人材募集
  2. 業務拡大(新規事業)のため人材確保

大まかにこの2つですね。

そして、制作会社はどこもたいてい1番、人手不足で悩んでいます。(結果的に仕事が終わらず納期に追われ、意図せずブラック化してしまいます)

人手不足、というのは求人が集まらないということではなく、「戦力となる人材が不足してる」ということ。目の前にある大量の仕事を納品するためには即戦力が必要なんです。

そういうとき、経験やスキルのある人を募集するのは当たり前。日々残業が増えるばかりの中、一刻も早く即戦力が来て欲しいとき、未経験者の面接なんて時間のムダですから、書類審査で落とします。

例えば中華料理屋さんの場合

毎日たくさんの来客があり「さっき注文した定食、まだ?遅すぎるやろ!」とクレームが入るほど忙しい中華料理屋さんの場合、すぐ厨房に立てる人を優先的に雇いますよね。

 

WEBデザイナー未経験は不可の理由(3)デザインセンスやレベルがわからない

業務拡大や新規事業などで社内での人材育成にも手が回る余裕があるとします。(先ほどの募集理由の2番)

そういうときは実務経験がなくても採用される場合があります。趣味でウェブデザインをしてる人や作品集を持ってくるような人です。つまり、ウェブ業界での実務経験はないけど、ウェブ制作者としての実践は積んでいるという人のこと。

そういう人に比べ、やる気はあるけど全くデザインやウェブサイト運営をしたことがない、本当の未経験者は敬遠されます。なぜなら、ド素人だから。そしてド素人ゆえにセンスがあるのか、どのくらいのレベルなのかが全くわからないからです。そういう人に限って「デザインは好きです」とかぼんやりしたこと言うからヤバイなって思います。

例えば中華料理屋さんの場合

「『中華を食べるのが大好きです!』っていうけど全く料理をしたことない人」を雇うなんてギャンブルすぎます。

 

 

独学やスクールで学び、作品集を作ったりサイト運営し“セミプロ”を目指そう

ここまで書いたとおり、未経験者=ド素人が制作会社に入るのは難しいです。経営者側から考えれば当たり前ですね。さらに現在、WEBデザイナーになりたい人も多い上、独学のためのツールやオンラインスクールも充実してますから、レベルが上っています。

そんな状況で、たいして勉強もしてないような人はWEBデザイナーにはなれません

ではどうすればいいのか?といえば、スクールで学ぶなり独学なりしてポートフォリオ(作品集)を作ればいいんです。作品集、といってもただのjpg状態より、できればウェブ上に公開し、実際にサイト運営もするべき。

 

ワードプレスでサイト運営し、ウェブデザインについて発信してる人とか最高に有利。

▼スクール無料体験するだけでも勉強になります

 

書類選考の段階で実際に運営しているサイトを見てもらえますし、サイト運営のノウハウ(SEOやHTML、CSSなど)も自然と身につきます。そうすることで結果的に「ウェブ制作業界は未経験だけど、制作作業(デザイン)はバッチリできるセミプロ」になれます。

僕が面接を担当してるときもそういうセミプロ的な人を雇い、いい仕事をしてくれました。

 

さいごに

昔に比べ、WEBデザイナーになるために習得しないといけないことは増えました。デザインのみならず、HTMLやCSSの知識を持つことは当たり前の時代。そして今では気軽にだれでもウェブサイトを持てるようになりました。お金もそんなにかかりません。

だからこそ、自分自身で学びウェブサイト(ブログ)をデザインし公開し、運営しながらWEB制作について学ぶことがプロへの近道

料理(WEBデザイン)をするための道具とその材料は誰でも手に入れられるんです。スクールだって充実してます。あとはひたすら自分で料理を作りまくればいいんです。

 

あわせて読みたい

業界経験なんてすっ飛ばして独立!ってのも有りかも?

スポンサーリンク

この記事を書いた人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール