書いてる人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール

【ウェブ業界10年の感想】WEBデザイナーに向いてない人の6つの特徴

follow us in feedly
[PR]
転職を考えている女スナイパー

WEBデザイナーになりたいなって思うけど、やっぱオシャレでセンスがないとダメなのかな。WEBデザイナーに向いてる人・向いてない人ってどんな人なんだろう?

(フリーランスかどうかにかかわらず)WEBデザイナーを目指す人にとって「自分はウェブデザイナーに向いてるのかな?」と思うこと、ありますよね?

ウェブ業界で10年以上仕事をしている経験をもとに、WEBデザイナーに向いてない人の特徴をまとめてみます。

前提として、アーティストとデザイナーは全く違います。そして、WEBデザイナーに必要なセンスなどは努力で補える部分の多い職業です

 

WEBデザイナーは誰でもなれる!!…なんてことはない

まず前提として

「WEBデザイナーは誰でもなれます!」

という趣旨には半分賛成で半分反対、という立場。確かにWEBデザイナーと名乗ることは誰でもできます。それに、独学でも十分やっていけます。(≫【疑問】実務未経験でもフリーランスWEBデザイナーになれる?

ただ、やはりWEBデザイナーに必要な資質というものがあります。

 

そもそも「良いWEBデザイナー」とは?

WEBデザイナーに限らず、向き不向きを考えるには「大まかな正解(模範)」となる指標が必要ですね。

「**なデザイナーが良いデザイナーです!」

という旗をたて、そことの整合性で向き不向きを判断できます。では良いWEBデザイナーとはどんなものでしょうか?

あくまで個人的な意見ですが、

「ウェブサイト(アプリ含む)のデザインを通し、ビジネス上の目標達成にコミットできること」

が一番重要だと考えています。

 

ウェブデザイナーはマーケター的であり、武器を作る人

ようするに、WEBデザイナーはアーティストではなく、マーケターに近い存在と言えます。

WEBデザイナーという職業は、アーティストのような自己表現者ではなく、商業的な目標を達成するための武器を作る仕事です。

WEBデザイナーのミッションは「ウェブデザインを通してクライアントとユーザーをつなげる」ということなんです。

 

負け、失敗、不向きを考える重要性

ものごとには勝ちパターンと負けパターン(成功パターンと失敗パターン)ってありますよね。勝ちパターンっていうのは人や時代によっても違うし、千差万別。しかし、負けパターンっていうのはある程度同じなんです。

ダイエットで例えると

**ダイエットというふうに、痩せ方はいろいろあります。たくさん食べても太らず痩せる食材、なんてのもたまにもありますよね。

ですが「砂糖たっぷりなお菓子を食べ過ぎると太る」という失敗パターンはいつの時代も普遍的に同じです。

つまり、成功パターンを研究するのも大切ですが、「失敗しない方法」を見極めるほうが成功確率が上がります。

 

WEBデザイナーに向いてない人の6つの特徴とは?

失敗や負けパターンから学ぶことが多いように、WEBデザイナーに向いてるかどうかを考える場合、向いてない人の特徴を学ぶことは重要と言えます。

前置きが長くなりましたが、以下は僕の経験や出会いを通してリアルに感じている「WEBデザイナーに向いてない人の特徴」です。

ときどき、むちゃくちゃなのにスゴいウェブデザイナーさんもいますが、そういう人はここでは例外ということで…

 

(1)新しいデザインを勉強しない

美術センスがなくてもウェブデザイナーにはなれます。なぜかと言えば、美術センスはあくまでアート領域であり、才能が重要になりますが、ウェブのデザインセンスは鍛えることができます。なぜなら、ウェブデザインというのはセオリーがあり、パターン化されている部分も多くあります。ですから、

「自分にはアートとかわからないし…」

なんて悩む必要はありません。必死に勉強し、場数をふめば確実に腕はあがります。しかし、デザインの勉強は積極的にしなければ伸びません。流行り廃りもありますから、一度学んだことや過去の栄光にすがっているとおいていかれます。

デザインに興味をもち、日常的に意識しいろんなデザインを学べる人でなければ、WEBデザイナーとして結果を出すことはできません。

 

(2)コードが苦手で読めない

ウェブサイトはHTML/CSSをベースに作られています。そして、現在はデザインとコーディングがほぼセットとなっており、CSSによるデザインが中心。(≫HTML/CSSが解らないフリーランスWEBデザイナーは仕事がなくなる理由3つ

一昔前みたいに、IllustratorやPhotoshop、Fireworksで表面的なデザインだけできればOK、なんて時代ではないんです。CSSを使ってデザインをするわけですから、CSSに対する理解が必要なのは当たり前。

つまり、

「デザインは好きだけど、コードとかワケわかんない!」

とか言ってる人はオワコンです。

 

コードが苦手なデザイナーは無料体験レッスンがオススメ

▼レッスン満足度は94.2%!無料レッスンができるCodeCamp

 

▼WEBCAMPもオンライン完結型サービスを提供中

 

(3)マーケティング視点が無い

前述の通り、デザインスキル自体は学ぶことで伸ばすことができます。商業デザインですのでセオリーやパターンも多いため、突出したデザイセンスより理解力のほうが大切。

ただ、デザインスキルよりも重要なものはマーケティング視点です。セオリーとされるデザインパターンを見て

「なぜこのデザインだと商品がよく売れるんだろう?」

ということを常に考えられることが年々重要度を増しています。バナーデザイン一つをとっても、どういうデザインを組み込むことで売上を伸ばしたり問い合わせを増やせるかを考えられることが大切です。サイト全体のレイアウトで言っても、売れやすい導線作りができるデザイナーは重宝されます。

なぜなら、ウェブサイトはビジネスの目標を達成するためのツールだからです。つまり、マーケターとしての勉強も欠かせないということ。

「デザインだけデキる人」はオワコンです。

 

マーケティングが苦手なデザイナーにオススメな本

 

(4)マネジメント能力がない

ウェブデザインの現場は常に納期に追われています。デザイン単価や制作単価が下がっている今、数をこなさないことには稼げません。フリーランスでも会社所属でも、納期を守ることは信頼の第一歩

そうなってくると、スケジュール管理はもちろん、自分自身の管理(セルフマネジメント)も重要になってきます。仕事の進め方から睡眠のとり方まで、マネジメント能力、自己管理能力はWEBデザイナーにとって必須と言えます。

 

(5)コミュニケーション能力がない

WEBデザイナーはいろんな人と関わる仕事です。会社に所属してデザインをする場合は、ディレクターやコーダーとのやり取りがあります。フリーランスの場合、クライアントともやり取りをするでしょう。

そういうとき、コミュニケーション能力がないと仕事になりません。まあ、これはデザイナーに限ったことではないですけどね。

 

(6)コンプライアンス意識がない

コンプライアンスとは法令遵守のことで、法律やルールをちゃんと守りましょうってことです。

WEBデザイナーの世界では写真素材を使ったりイラストを使ったりします。そういうとき、罪の意識もなくパクってくる人がいます。マジでいます。

有料素材の見本をネットで拾い、透かし(販売元のロゴ)をPhotoshopでせっせと消して使ってるデザイナーもいました。(その後、数十〜数百万円の賠償金請求をされました)

ウェブサイト全体としてのデザインやキャッチコピーや文章など、こういうパクった系のトラブルはWEB周りでは本当に多いんです。

バレなきゃ良いや、みたいな発想の人はデザイナーにならないでください。迷惑です。

 

自分を律することができ、自己投資ができる人はやっぱり強い

アーティストって破天荒なイメージがありますよね。派手に遊んだり酒に溺れつつ、己の中から溢れ出るパッションで作品を作って世間をあっと言わせる、みたいな。私生活はだらしなくてむちゃくちゃ、とか。

もしかするとデザイナーに対してもそういうイメージを持ってる人がいるかもしれません。でも実際はそういう“アーティスト”のイメージとWEBデザイナーは真逆。

納期を踏まえ自己管理をし、時には飲み会も断って仕事をしたり体調管理をし、そして常に自己投資を惜しまず勉強。そういうことができる人こそデザイナー向きと言えます。

ようするに、WEBデザイナーとはビジネスマンなんです。天賦の才能で命を燃やして大暴れするアーティストじゃありません。自己管理と自己投資、この2つを上手くできる人は(ウェブデザイナーに限らず)結果を出せるんです。

[PR]

この記事を書いた人

WEBデザイナー兼コーダーとして制作会社に5年ほど勤務したのち、2011年にフリーランスWEBデザイナーとして独立。

独立当初、代理店の下請け制作業務ばかりで苦しい日々が続き、一念発起しWEBマーケティングを猛勉強。その後は下請けをやめ、中小企業や店舗向けにWEB集客用ホームページの制作およびブログを活用した集客サポートをしています。(→詳しいプロフィール