【リメイクDIY】折り畳みパイプ椅子をビンテージ風ウッドチェアに!

ホームセンターで買った安物の折り畳み式パイプ椅子。ヘタってしまい見た目もチープ。そこで、ペンキや木の板を使いビンテージ風というアンティーク風というか、アジのあるウッドチェアにリメイクDIYしてみました。

※今回は木材とニス、ペンキ、ビスを購入。費用は約1,000円の格安DIY!

 

まずは折り畳みのパイプイスを解体します

イスの解体からスタート。クッションを固定してるネジを外していきます。

ネジを外すとこんな感じに。

SF映画に出てきそうな細いロボット的な風貌がカワイイ。笑

 

ホームセンターで厚手のパイン材を購入!カットもカンタンでした

ホームセンターコーナンで厚さ3ミリのパイン集成材という安い木の板を購入。

この集成材はさほど固くないのでノコギリでカンタンにカットできました。(カットが面倒な場合、大抵のホームセンターでカットしてくれます)

ためしにカットした木を配置してみます。(背もたれのところはマスキングテープで仮止め)

f:id:odbc:20161126090114j:image

木目の向きを考えてなかったため、背もたれと座面で違いますが…まあいいでしょう。笑

 

パイプを黒色に塗りまくる!雑な感じもアジ!

僕的にビンテージチェアのパイプ部分は黒のイメージ。そこで、水性ペンキで重ね塗り。

ムラがあってガサガサした感じを出したかったので、あまり薄めずにぬりぬり。いい感じ!ダイソーの100円ペンキを使いました。

 

木の板はニスを重ね塗り!最後にビスで固定し完成♪

次に木の板をニス塗りです。3回くらい重ね塗りし濃い色に。ダイソーの100円ニス(ウォールナットカラー)を使用。

100円だけど十分使えました!

そして元々パイプ椅子に使われてたのと同じサイズのビス(先の尖ったネジ)を電動ドライバーで固定し、完成!!

※パイプ椅子には尖ってないネジが使われているので、尖っているものを買う必要があります

▼ビフォーアフターはこんな具合

おお、我ながらいい感じ!!いい雰囲気のウッドチェアが完成しました。

これを作ってから1年ちかく使ってますが、(木の板なのでもちろん座り心地は硬いですが)ぜんぜん問題なく座れます。

同じようなパイプ椅子を新品で買っても3,000円以内で作れますので、興味ある方はどうぞ!

※木の板を止めるために先の尖ったビスを買う必要がありますのでお忘れなく

この記事が気に入ったらフォローしよう