全音楽好き必見!タワーレコードの誕生・倒産を描いた映画が泣ける

Amazonプライムビデオ(プライム会員なら無料)で観られるタワーレコードの誕生から倒産までを描いたドキュメンタリー映画『ALL THINGS MUST PASS』を観て泣いてしまいました。おっさん・おばさんたちの友情にもらい泣き。

誰もが知ってる『NO MUSIC,NO LIFE』のキャッチフレーズでおなじみのTOWER RECORDS、通称タワレコの創業から倒産までを描いた映画『オール・シングス・マスト・パス』は全音楽好きに観て欲しいアツい映画だったのでご紹介します!

時代を象徴する映像や資料の数々、そしてそのときどきの音楽の流行なんかも勉強になりますよ。

※ネタバレ要素を含みますのでご注意ください

ALL THINGS MUST PASS
【万物は流転する】この世のものは常に移り変わる。

 

ドラッグストアから始まったTOWER RECORDS

タワレコは1960年に創業なんですが、その前進はドラッグストア。ドラッグと言っても合法なやつ。(映画の途中でコカインとかの話は出きますが…笑)

創業者ラス・ソロモンの父が『TOWER』という建物の一角でドラッグストアを営んでて、そこは薬だけじゃなく雑貨なんかも扱う雑多なお店だったそうです。そこでラスも手伝いをしていて、あるときからレコードも取り扱うようになり、よく売れた。そしてラスは親父からレコード販売の部門を譲り受けようと交渉すると

「いいだろう。じゃあドラッグストアの在庫や負債も含め、店ごと買い取れ」

と言われ買い取り。ここからタワレコの原点、タワーレコードマートがスタート。

 

どんどん大きくなるタワレコ、あの有名ミュージシャンも働いていた!

(ネタベレになるし詳細は書かないけど)ここからタワレコの快進撃が始まる。そして西海岸でどんどん成長していくタワレコ。若者のカルチャーを作り上げていく様子は聞いてててとてもワクワクします。音楽とカルチャーがいかに密接だったかを知ることが出来ますよ。特徴的だったのが【服装自由】というルール。

インタビューを受けている中には有名アーティストもいます。その中のひとりがこの人。

誰かわかりますか?

某有名バンドの元ドラマーです…

 

そう、この人はNIRVANAのドラマー、デイヴ・グロール(今はフーファイターズのボーカル)

僕は音楽系のドキュメンタリー映画が好きでよく見るんですが、デイヴしょっちゅう出てます。笑

そしてこの人が出てる音楽系ドキュメンタリーはハズレがない

そんなデイヴもタワレコで働いてたそうです。理由は長髪OKだったから。←ロックミュージシャンっぽいですね。笑

のちにタワレコに客として言ったとき、スタッフが必死にプールの中で吊るされたお札に向かう赤ん坊のPOPを作ってるのを目の当たりにしたこともあるそうです。

 

家族経営としてラブ&ピース&自由を謳歌し成長していくが…

まさにファミリーという言葉がぴったりなくらい、みんな仲良し。まさに『自由に働く職場』が当時のタワレコだった。(マリファナやドラッグ、酒を飲みながら働いてたってのがまたこの時代っぽい 笑)

元スタッフの1人は当時を振り返り、

「(タワレコでの日々は)仕事ではなく生き方さ」

と、めっちゃかっこいいこと言うんですよ。ドキュメンタリー映画でのおっさんのこういう言葉って良いですよね。

そんなタワレコの快進撃とファミリーの結束は永遠に続く…かと思ったものの、世の中の流れは激しいもの。レコードからCD、そしてナップスターというMP3の共有ソフトなどなど、音楽業界を取り巻く環境はどんどん変わっていきます。まさにオール・シングス・マスト・パス(万物は流転する)。

 

2006年 TOWER RECORDS、倒産

日本には今もタワレコありますし、倒産したと聞くと不思議ですよね。でもアメリカのタワレコは倒産してるんです。

アメリカ・タワーレコード社経営破たん – ウィキニュース

なお、日本法人については2002年にMTS社からMBOにより独立しており、今回の倒産による影響は受けないものと考えられている。

1960年にスタートし、怒涛の50年で倒産。最後の10年ぐらいはファミリーだったみんなの中に銀行資本が入ってきたりしてぐちゃぐちゃになっていきます。

当時を思い出し、我慢できずに泣き出す(元スタッフの)おっさん&おばさん。そりゃそうですよねぇ、「生き方さ」ってくらい、仕事場じゃなく生きる場所と思っていたところが銀行やコンサルに奪われ追い出されたんですから。

思わず僕も涙が出てしまいました。

 

『NO MUSIC,NO LIFE』は日本生まれ!

映画の中でも日本のタワレコは重要な要素として出てきます。日本進出はひとつの賭けで、見事に大当たり。アメリカ以外でここまで流行ったのは日本だけだそうです。米タワレコ倒産後、創業者のラスが日本を訪れるんだけど、なんだかすごく感動的な光景です。

ちなみに、NO MUSIC,NO LIFEってフレーズは本国アメリカでもガンガン使われてたんですが、日本のタワレコが生み出したキャッチフレーズなんです。

 

『人生に重要なのは音楽だ』

そして映画の最後に創業者のラスが

『人生に重要なのは音楽だ』

『我々が音楽を提供した』

というシーンがあります。ここ、めちゃくちゃかっこよすぎて鳥肌ビンビン。

▼思わずインスタにアップしちゃいました。タップすると再生されます

音楽家は音楽を作るだけじゃダメで、リスナーに届けない始まらない。その役割をタワレコが担い成し遂げてきたという自負がカッコいい。

本当にいい映画でした。

ドキュメンタリーものを観たことがない人でも、音楽が好きならきっと楽しいはず!