安室奈美恵引退…昭和58年生まれの90年代音楽の思い出話

昨日の夜、

安室奈美恵、来年に引退と発表「私らしく2018年9月16日を迎えたい」

というニュースが…。

わたくし安室奈美恵は、2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます」と、芸能界からの引退を発表した。

安室奈美恵さんといえば90年代を代表するアーティストの1人で、アムラーなんて現象まで生み出しましたよね。僕は昭和58年(1983年)生まれの34歳で、安室さんたちが活躍した時代は中学〜高校生で思春期真っ只中でした。

 

中学〜大学生時代に聞いた音楽って人生の中で一番強く印象に残る

30歳を過ぎてくると最新の音楽に目が行かなくなり、「やっぱあの頃の音楽がよかったよな」みたいなことを言う人が増える印象があります。そして、”あのとき”って大体中学生〜大学生時代が中心。

ネット上でも90年代音楽が一番よかった!という30代40代の人がとても多い印象。実際、最近は音楽やファッションも含めBack To 90s’なんてのが増えてますよね。

▼この雰囲気が懐かしい人って、安室さんの引退に衝撃を受ける世代じゃないでしょうか

 

昭和58年生まれ的 90年代音楽の思い出

安室奈美恵と共にMAXが流行ってた

僕の中学校では安室奈美恵さんと共に活躍してたMAXも大流行でした。

そしてMAXのどの女の子がカワイイとかでクラスの一部で論争になってました。そしてそして、なんの偶然か知りませんが、MAX好きな奴らは全員クルマ(走り屋系)が大好きなやつらでした。なぜ??笑

振り返ればこの頃はこういうキレキレダンス踊りながら謳うスタイル多かったですね。TRFとか、ちょっとあとにはSPEEDとか。

僕はそういう派手めな音楽(今で言うパリピ感)の方面にうとく、中学生になる直前に初めてかったCDがZARDのマイフレンドでした。

そしてもちろん、WANDSも聞いてました。ようするにスラムダンクです。笑

 

ルナシー、GLAY、ラルクアンシエル…ビジュアル系バンドブーム

ビジュアル系バンドと言われる人たちも流行りましたね〜。僕は中2くらいで色気づきはじめGLAYを好んで聞いてました。ルナシーが大好きな友達は前髪を伸ばしてて、今思うとなかなかのナルシストなやつだった。笑

▼これヤバイっすね、聞いたら修学旅行の思い出とか蘇ってきた

 

宇多田ヒカルとDragonAsh

宇多田ヒカルがデビューしたのも90年代。

世間的には「スゴイ!すごすぎる!!歌がうまいし表現力が半端じゃない!!」なんて騒がれてまして、へ〜と思いながら見てました。ぶっちゃけ、学生の僕にはなんのことやらわかりませんでしたけど。ただ、同じ1983年生まれってのは驚きました。

そして、同時期にDragonAshもメジャーデビューします。音楽好きな人曰く、

「宇多田ヒカルとDragonAshが当時の音楽をガラッと変えた」

と言ってましたが、そうなんですか?(僕はDragonAsh大好きで今でもずっとライブ行ったりしてますが、世間的には2000年代のDisと失速が印象的かもしれませんね〜。ここではあんまり触れんときますが)

90年代はこの他にもイエモンやら浜崎あゆみやらEvery Little Thingとかグローブとかブリリアントグリーンとかスピッツとかミスチルとか、とにかくたくさん出てきましたね。(今も出てきてるんだろうけど…)

なんせ90年代はCDが売れまくった時代で、ミリオンヒット連発で音楽業界はバブルでした。

 

俺的90年代の思い出代表曲はコレ!

レミオロメンの粉雪よりもやっぱCURIOですよね。ね?ね?

 

最後に:音楽と匂いは記憶を蘇らせる大切なもの

大人になると自分の好きなジャンルが固まってきて、聞く音楽がかなり偏りがち。それに比べ学生時代は友達の影響やらなんやらで幅広く音楽を聞くし、自然と耳に入ってきます。

そういう意味でも学生時代に聞く音楽ってその後の趣味趣向に大きな影響を与えるよな〜と思うわけです。(僕なんて、高校生の時からHIPHOPにハマり、今では恥ずかしすぎるくらい太いズボン履いてましたしw)

そして、楽曲を聞くとその当時の思い出が蘇ってきます。それこそ初恋の思い出や体育祭での出し物、失恋ソングなどなど。音楽と匂いって脳みそに焼き付いてて記憶をブワッと呼び起こします。

安室奈美恵さんの引退を受けショックを受けてる人も多いと思いますし、あらためて安室さんの音楽を聞き直して思い出に浸ってる人もいると思います。

音楽って流行り廃りあるけど、そういう世の中的タイムラインとは別に、それぞれ個人ごとの大切な思い出も詰まってたりしますし、これからも大切にしたいもんですね。