ロードバイク通勤、100均グッズでドリンクホルダーが上着収納に変身

小さな斜めがけカバンに小物を入れ、ロードバイクを街乗り仕様に改造し通勤をしてるんですが、9月も後半になり季節的に夜は肌寒い…。かと言って上着のためだけにカバンを大きくするのはめんどくさい。(カゴも無いですし)

そこで、ダイソーやセリアなどの100円ショップ(100均)にある”あるもの”を使ってみたら、ドリンクホルダー(ドリンクケージ)を収納スペースに変えることができウィンドブレーカーを収納できるようになりました♪

 

街乗りロードバイクに給水用ドリンクホルダー(ボトルケージ)不要説

僕のロードバイク、もともとはトライアスロンや自転車レースに出るために買いました。合計で3回ほど出場しましたが、引退。(飽きただけ 笑)

そこで、街乗り仕様にタイヤを太くしたりいろいろして使ってるんですが、もともとがレース仕様だったのでドリンクホルダー(ボトルケージ)がついてるんですよ。

▼こういうの

これ、街中にあるマウンテンバイクとかにもついてますが、街乗りする分にはいらないですよね?片道1時間も乗らない場合、わざわざボトルに水入れて持ち歩く必要ないと思うんですよ。入れっぱなしとかしてしまうと不衛生だし。

そこで、このドリンクホルダー(ボトルケージ)部分を上着の収納にできないかと考えたんです。

 

ボトルケージに入れるツールケースは高いしウィンドブレーカー入らない

まず最初に浮かんだのがボトルケージにいれるツールケース。

確かにこれはスマートなんです。でも、見てもらうと分かる通り値段が高い。(チープローディーとしては高い部類w)

そして用途が違うため収納グッズとしては中が狭い。ん〜。

 

100円ショップで見つけたペットボトルケースがバッチリサイズ過ぎた!!!

僕としてはデザイン性はさほど求めてなくて、無難なものであればなんでもいいんですよね。

すでに街乗り仕様に改造しサイドスタンドをつけてる時点で、デザイン性重視のローディーからしたらダサいでしょうし。(←そういう価値観とかどうでもいいので全く気にしてない)

そこで100円ショップに向かいました、近所のセリア。

最初は調味料ケースコーナーとかタッパー系の丸いのをみてたんですが、イマイチ。そんなときに見つけたのがペットボトルの保温ケース!!

子供やお年寄り、そしてアル中男子が500ml缶のビールやストロングゼロを隠すために使うアレ

もうね、100円のペットボトル保温ケースが「これ専用?」ってくらいドリンクホルダーにぴったりでした、御覧ください

細すぎず太すぎず、ピッタリサイズ

ご覧ください、完全にはまってます!自分なりのアイデア+100円で買えたことがまたコスパ厨にはたまりません。笑

中にはこういう薄手のウィンドブレーカーを入れてます。

スポーツデポのPBブランド、安くてオススメ!

このウィンドブレーカーは裏地の無い一番薄いやつですが、もうちょい厚手のものでも入ってくれそうな感じです。

もうちょっと厚手も入りそう

そして、これをドリンクホルダー(ボトルケージ)に入れ、10日くらい乗り回してますが全然落ちません。結構ガタガタ道も通りますがびくともしないフィット感。(落下が気になる人はケースの持ち手部分に小さいカラビナをつけ、ドリンクホルダーに引っ掛ければ安全!)

ドリンクホルダーを持て余してる方、活用してみてはいかがでしょうか?