フリーランスの子育て

父親になり抱っこ紐で子育てし、良かった!と思う4つのこと

『抱っこ紐着用の父子は、母親に見捨てられた気の毒な姿!?』

こんな馬鹿げた見出しをつけた記事が先日、ヤフーニュースに出てた。アホらしいくらいどうでもいい意見ばかりだし、文句を書いても仕方ないので、息子を持つ父親として「抱っこ紐つかっててよかった!」と思えたことを書いてみます。

フリーランスの生き方

AI時代こそ『できること』より『楽しめること』を重視すれば幸せだ。

AI(人工知能)の時代がついに到来すると言われる昨今、技術的な「できること」は今後どんどんロボットやコンピューターに置き換えられていくでしょう。だったらそういう部分はとっとと機械にまかせ、僕たち人間はもっと「楽しむこと」 に注力するべきなんじゃないかな、なんて思うんです。

フリーランスの子育て

子供の自殺が多い日と僕がフリーランスとして独立した理由

僕自身が幼少期にクラス一のデブで虐められた経験や、集団に馴染めず悩んだ経験があり、成績も下から数えたほうがいいレベルで無気力で自己評価が低い10代だったんで、生きるのが嫌になるって感覚の想像がつくんですよね。

だから子供が生まれるタイミングでフリーランスとして独立するとき
「子供がしんどくて辛い時、逃げられる環境を作ろう!」

と決めました。