一括償却資産の必要経費算入の特例【個人事業主の確定申告用語解説】

減価償却って確定申告に関わるまで燃やすこと(焼却)だと思ってませんでした?(…あれ、僕だけですかね…)

 

一括償却資産の必要経費算入の特例とは?

取得価額が20万円未満の業務用資産については、その一括償却資産の取得価額の3分の1に相当する金額を、その事業の用に供した事業年度を含めて3年間にわたり必要経費に算入することができます。

ようするに、20万円未満の資産は3年にわたって3分の1ずつ経費に出来る、ということですね。

一括償却資産となるモノの一例
  • コピー機
  • パソコンや周辺機器
  • 机や椅子
  • エアコン
  • テレビ、カメラ など

 

自営業・フリーランス視点のメモ

減価償却期間はモノによって違います(PCは4年)が、「一括償却資産の必要経費算入の特例」の条件を満たせば3年で償却できるので楽ですね。(なお、30万円未満の場合は「少額減価償却資産の特例」という特例があります)

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る