事業専従者控除額【個人事業主の確定申告用語解説】

事業専従者控除額とは?

事業専従者給与(じぎょうせんじゅうしゃきゅうよこうじょがく)とは、個人事業主の事業を手伝っている親族への給与(事業専従者給与)から控除できる金額です。

事業専従者控除額として計上できる金額は配偶者86万円、それ以外の親族50万円となっています。

 

自営業・フリーランス視点のメモ

家族の方が事業を手伝ってくれている場合は忘れず活用しましょう。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る