利子所得【個人事業主の確定申告用語解説】

利子所得とは?

利子所得(りししょとく)とは、預貯金や公社債の利子などにかかる所得をいいます。

利子所得に該当するものの一例
  • 預貯金の利子
  • 公社債の利子
  • 合同運用信託の収益の分配
  • 公社債投資信託の収益の分配 など

 

自営業・フリーランス視点のメモ

これらの利子所得は支払を受ける時点で、一律20.315%(国税15.315%、地方税5%)の税率ですでに税金が差し引かれているため、確定申告の必要はありません。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑

★freee体験談
mac対応!世界一カンタンに個人事業主フリーランスが確定申告する方法

僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る