利子税【個人事業主の確定申告用語解説】

利子税とは?

利子税(りしぜい)とは、税金の払い遅れを認めてもらったときに課される(ペナルティ的な)税金です。

計算方法

利子税額=納税を延納した税金額×1.073
※原則7.3%を乗じた金額になります
※1,000円未満不徴収

 

自営業・フリーランス視点のメモ

支払いの遅れで無駄なお金を払わないように気をつけましょう。なお、どうしても支払いが難しい場合、税務署に延納申請書と担保を提出することで支払いを遅らせることができます。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る