医療費の範囲【個人事業主の確定申告用語解説】

 

確定申告の際、医療費や風邪薬の購入費用も経費になります。

 

医療費の範囲とは?

医療費の範囲とは、自分自身や生計を一にする家族の医療費を支払った時、一定金額の所得控除をうけることができる、その範囲のことです。

具体的には10万円(所得が200万円未満の場合は所得の5%)を超える部分の金額を事業主の所得から控除できます。(最高金額は200万円)

控除対象となる医療費の一例
  • 医師又は歯科医師による診察費又は治療費
  • 治療費又は療養に必要な医薬品の購入費用
  • 病院、診療所又は助産所へ収容されるための費用
  • 入院・入所のために払う部屋代・食事代等 など

 

自営業・フリーランス視点のメモ

所得の有無は関係ないので、共働き夫婦の場合でも合算でき、控除の対象になりますよ。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る