同居老親等【個人事業主の確定申告用語解説】

同居老親等とは?

同居老親等(どうきょろうしんとう)とは、70歳以上の扶養親族のうち、納税者又はその配偶者と常に同居している直系の尊属(父母・祖父母など)をさします。

同居老親等については58万円の扶養控除が認められています。

 

自営業・フリーランス視点のメモ

老人ホームに入居している扶養老親は同居老親に該当しませんのでご注意下さい。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る