定額法【個人事業主の確定申告用語解説】

定額法とは?

定額法(ていがくほう)とは、減価償却方法の一つです。購入した固定資産の取得価額を耐用年数にわたって均等に費用計上していく方法です。

事例

耐用年数10年の機械を100万円で購入した場合

  • 100万円÷10年=1年あたり10万円ずつ費用計上

 

自営業・フリーランス視点のメモ

個人事業主は原則として定額法で計上する決まりになっています。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る