無申告加算税【個人事業主の確定申告用語解説】

無申告加算税とは?

無申告加算税(むしんこくかさんぜい)とは、確定申告を期限内()に申告納付し忘れると課されるものです。無申告加算税は、原則として納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%を加算した金額になります。

 

自営業・フリーランス視点のメモ

確定申告を忘れると無駄に税金を課されますのでお忘れなく!

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑

★freee体験談
mac対応!世界一カンタンに個人事業主フリーランスが確定申告する方法

僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る