特定扶養親族【個人事業主の確定申告用語解説】

特定扶養親族とは?

特定扶養親族(とくていふようしんぞく)とは、年齢が19歳以上23歳未満の扶養親族のことです。一般的には納税者が扶養している大学生をさします。

63万円の扶養控除が認められており、納税者の所得から控除することができます。

 

自営業・フリーランス視点のメモ

大学生の子供がいる家庭はお金がかかるということで、手厚い控除が用意されています。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る