発生主義【個人事業主の確定申告用語解説】

発生主義とは?

発生主義(はっせいしゅぎ)とは、収益と費用を発生の時点で計上する会計基準のことです。

例えば、受注生産を行なっている場合は商品の引渡しや代金を回収していなくても、商品が完成すれば、売買の成立が見込めるため(一定の基準を設け)代金の一部を売上に計上します。

 

自営業・フリーランス視点のメモ

会計の世界では発生主義が基本となるので、しっかり理解しましょう。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑

★freee体験談
mac対応!世界一カンタンに個人事業主フリーランスが確定申告する方法

僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る