納税の猶予【個人事業主の確定申告用語解説】

納税の猶予とは?

納税の猶予(のうぜいのゆうよ)とは、特別な要件を満たした場合に納税が猶予される制度です。

特別な要件の一例
  • 納税者又はその者と生活を一にする親族が病気にかかり、又は負傷したこと。
  • 納税者がその事業を廃止し、又は休止したこと。
  • 納税者がその事業につき著しい損失を受けたこと。
  • 納税者に災害、盗難又は病気、負傷に類する事実があったこと。
  • 納税者に「事業の休廃止又は事業上の著しい損失に類する事実」があったこと。

これらに該当する場合、税務署に「納税猶予の申請」をおこなってください。

 

自営業・フリーランス視点のメモ

申請すればOK!というわけではありません。状況調査されますのでご注意を。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑

★freee体験談
mac対応!世界一カンタンに個人事業主フリーランスが確定申告する方法

僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る