青色事業専従者【個人事業主の確定申告用語解説】

個人事業を家族が手伝う場合に出て来る専門用語です。(青色申告者であることが前提条件)

 

青色事業専従者とは?

青色事業専従者(あおいろじぎょうせんじゅうしゃ)とは青色申告を行う個人事業主の配偶者や15歳以上の親族で、一定期間その事業に従事した人のことを指します。

※一定期間とは原則として6ヶ月以上

 

自営業・フリーランス視点のメモ

僕自身はウェブ制作をナリワイとしているため、妻に手伝ってもらうということはありません。ですが、たとえば小さな飲食店なんかを経営している場合、妻や親に手伝ってもらうこともあると思います。

手伝ってくれる親族が青色事業専従者に該当すれば、確定申告で有利(節税)になります。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る