青色事業専従者給与【個人事業主の確定申告用語解説】

専従者とは家族従業員のことです。<詳しくは青色事業専従者についての解説をご覧ください>

青色申告の場合、専従者に対しての給与を経費にすることが出来るんです。白色申告の場合が経費に出来ません。

 

青色事業専従者給与とは?

青色事業専従者給与(あおいろじぎょうせんじゅうしゃきゅうよ)とは、青色申告をしている個人事業の専従者に対する給与のことです。この給与は経費にすることができるので、節税にも繋がります。

専従者に該当する条件
  • 青色申告者と生計を一緒にしている配偶者、もしくは親族
  • その年の12月31日時点で年齢が15歳以上であること
  • 青色申告者の営む事業に6ヶ月以上従事していること

ただし、「青色事業専従者給与に関する届出書」を納税地の税務署に提出しなければなりません。

※専従者への給与は「専従者給与」の勘定科目で仕訳

 

自営業・フリーランス視点のメモ

確定申告の回数を重ねるたび、そして納税を行なう度に思うんですが、経費の処理って本当に大切!

脱税はもちろんダメですが、節税意識をしっかり持ちたいですよね。専従者給与も忘れずに。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る