青色申告【個人事業主の確定申告用語解説】

個人事業主の確定申告には白色申告と青色申告の2種類があります。ある程度売上・利益のある自営業・フリーランスの人は青白申告にすることを強くオススメします。

※青色申告をするには事前に「青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります

 

青色申告とは?

青色申告(あおいろしんこく)とは、複式簿記の手法に基づいて帳簿を記載し、その記帳から正しい所得や所得税及び法人税を計算して申告することです。

すごく大雑把に言うと、白色申告よりも複雑な申告方法となります。

 

青色申告のメリット

青色申告の最大のメリットは最大65万円の控除です。所得から差し引くことができるので、その分税金が安く済みます。

青色申告の特典
  • 最大65万円の控除
  • 赤字を繰り越せる
  • 家族への給与を経費にできる
  • 貸倒引当金を経費にできる

 

自営業・フリーランス視点のメモ

複式簿記の手法に基づいて帳簿を記載するのは結構大変ですが、僕はクラウド会計freee(フリー)の自動処理機能を使うようになってカンタンに済むようになりました。

確定申告用語集の一覧に戻る

独立当初、確定申告で苦労しました…

2011年に個人事業主として独立し、最初の数年は確定申告で本当に苦労しました。でもクラウド会計のフリー(Freee)を使うようになって本当にカンタンに。
簿記3級の試験に落ちた僕でも間違えずに確定申告できてるのはFreeeのおかげです。笑
僕と同じように苦労してる方は、是非一度使ってみて下さい。 【30日間の無料体験】
クラウド会計freeeを見る